結局のところ、勉強しない子どもをご褒美で釣っても「よい」のか「悪いのか」?(記事です)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://ddnavi.com/news/249256/


子どもをモノで釣るのは、いいのか、悪いのか?


私の知る限り、

「高いモチベーションを持続できない」

「モノで釣らないとやらなくなる」など

論者の意見は「悪い」が多数を占めています。


そういう意味では、この紹介されている本は新しい切り口の意見です。

教育経済学というジャンルで、ビッグデータにより、

しっかりと数値から論じています。


結論から言うと、ご褒美で釣るのは「あり」だそうです。

また、釣り方ですが、

「成績を上げたらご褒美をあげる」よりも

「本を読んだら・・」「この問題を解いたら・・」などのように、

後者のインプットの方に褒美を与えた方が、成績が上がるそうです。


と言いながらも、これはデータからの意見ですので、

データで論じえないお子様も多くいます。

しっかりとお子様に向き合って、

考えていただきたいと思います。


最後に、この本の作者、中室先生は、

すららネット社と共同で、新たな教育のあり方をデータ収集から実証実験を進めています。