定期試験5科目30点!Kくんの逆襲!その4

前回定期試験(5科目30点!Kくんの逆襲!その3)の続きです。

 

私立高校合格以降も気を緩めるどころか、ますます学習に意欲が出てきました。

受験高校は、高根沢高校か、宇都宮清陵高校か悩んでました。

もちろん、普通に考えれば、高根沢高校でもハードルは高いのですが、

中学校でブービーだったこともあり、内申点が低いことが明らかでした。

高根沢高校 内申点:入試=5:5 

宇都宮清陵高校 内申点:入試=2:8 

 

学校の先生との話し合いの中で、本番入試で逆転を狙うことで宇都宮清陵高校を受けることになりました。

 

この頃になると、塾での学習が4~5時間、家での学習が5時間、学校の休み時間でも数時間で、10時間学習は当たり前になっていました。

 

2月には、インフルエンザにかかり、1週間お休みしていた時も、高熱でありながら、映像授業で英語を見ていました。

自宅待機中での英語の学習が基本から見直せたので役立ったと後に聞きました。

すでに、理社数は、既存の問題集やミラクルロードの合格への道は、すべて3回以上解き終わり、答えを暗記している状況です。

 

2月の後半に入ると、県立入試の過去問8年分に取り組み始めました。

 

次回に続く。。。