定期試験5科目30点!Kくんの逆襲!その5

前回(定期試験5科目30点!Kくんの逆襲!その4)の続きです。

 

年明けより、

数学、理科、社会は、忍耐強く何度も基礎基本部分を繰り返した効果が出てきたものの、国語・英語は苦手のまま。

国語は漢字練習、作文の書き方を何度も指導が続いていました。

英語は少しでも多く単語を覚えること、リスニングも耳を慣らすように特訓しました。

 

その成果が出てきたのが、やはり2月末になったころからでした。

 

2月末には、栃木県立高校入試の過去問を本番さながらにトライさせました。

ここ数か月、睡眠時間、学校の休み時間を削って学習し続けたKくんは、

栃木県の入試問題過去問において、

 

①平成25年度過去問 280点

②平成22年度過去問 314点

③平成21年度過去問 309点

④平成26年度過去問 305点

 

と安定して得点が取れるようになったのです。

 

8月の下野模試で、80点前後しか取れなかったのが、

不思議なくらいの高得点!努力し続けた結果です。

8月偏差値29、その後1月の模試でも35だった生徒がロケット上昇でした。

奇跡を見た感じです。

 

入試前日の3/6は日曜日でしたが、塾は終日開けて、受験生の学習をフォローし続けました。

Kくんは27年度入試問題を解いて、また手ごたえ感じていました。

 

しかし、何せ内申点の低さがどれほどマイナスになるかわからず、

私自身はKくんを戒めて、翌日の本番に送り出しました。

 

次回最終回。。