定期試験5科目30点!Kくんの逆襲!その6

前回の続き(定期試験5科目30点!Kくんの逆襲!その5)です。

 

合格発表当日、何人かの生徒が合格を伝えに来てくれてました。

 

そこに、Kくんの車が塾に到着。

車からはお母様だけが降りてきました。

 

「ダメでした。今は本人来る気力がないようで。受かったと思っていたようで、相当ショックを受けて。。」 

私からは、来れるようになったら必ず来るようにとお母様に伝えました。

 

数日後、Kくんから連絡がきました。

 

「なかなか時間が取れなくて、行けなくてすいません。」

元気な声がきけて、安心しました。

 

「よし、昼飯食いに行こう!」

 

塾に来たKくんは本当にたくましく見えました。

県立高校は不合格でありながらも、やり切った充実感がみなぎってました。

 

宇都宮清陵高校まで入試の点数を聞きに行ったそうで、

 

”5科目264点”

 

立派です!

 

今回の県立入試は、例年より難しく、30点ぐらい平均が落ちているのではないかと言われています。

Kくん曰く、「220点ぐらいでも受かった生徒いた」とのこと。

やはり内申点が足を引っ張ったのでしょうか?

 

時々目にする名言ですが、

「夢は、いくら努力しても叶うかわからない。

それでも、努力し続けなければ夢は絶対に叶わない。

そして、努力する過程が貴重である。」

 

本当にそうだと思います。そして、Kくんは私の思いをしっかりと体現してくれました。

 

Kくんとの会話の中でこんなことも言ってました。

「作新に行ったら、(好きな)バスケ部に入るけど、1時間は学習してから1時間遅れで練習に参加するように先生に言うつもりです。」

 

もう、びっくりです。こんなに計画性のある生徒でしたっけ・・

 

そして、

 

「先生、行く大学を決めました。オレ、明治大学に行きます!」

 

ひょえーって感じです。

きみほんとうにKくん?(笑)

 

早くから目標を決めて努力すれば叶いやすい!ということを伝えたことを覚えてくれてたのかな??

 

Kくんには、無限の可能性が拡がっています。

絶対にやり遂げてくれるはずです。

 

               <完>

 

 

後記:

私自身記憶に留めたかった生徒でしたので、備忘録として書かせていただきました。

本当に長々の文章にお付き合いいただきありがとうございました。