私立高校でフィニッシュ!-2

こんにちは。 塾長 中谷です。

 

前回より私立高校に進学を決めた生徒について書いています。

 

その第二弾!開塾当初の中学1年生から通ってくれたTくん。

 

そのTくんですが、クラブチームでサッカーに励みつつ、

 

とても優秀な成績をいつも取ってくれました。

 

 

彼の学習スタイルは当塾のコンセプト通り

 

「集中」「自ら成績を上げる」「やり切る」

 

で成績を上げることを体現してくれたので、

 

私自身もとても励みになりました。

 

そんなTくんですが、

 

絶対宇高!だったんですね。

 

ところが、8月に学校見学に行ってから、変わったようです。

 

一言でいうと魅力を感じなかったようです。宇高に!

 

そもそも入る実力がなければ、絵に描いた餅ですが、

 

実は、下野模試でずーと宇高安全圏をキープしているのです。

 

もったいないとかお思いでしょうが、

 

今の私立、やはりできるお子様に対する力の入れようは半端ないです。

 

放課後2時間は校内で学習する義務があるようですし、

 

延長して九時まで面倒を見てくれます。

 

補習、補講日はたくさんあるし、合宿もやります。

 

また、偉い先生の講演や本物に触れさせるために、

 

超有名大学への見学や交流会など、それは力の入れようがすごい。

 

そんな環境に身を置きたくなったんでしょうね。

 

そして、選んだのが、文星芸大附の英進Ⅰ類。

 

今年度から誕生したわずか20人の少人数クラス編成です。

 

もちろん、A特待ですので、授業料・入学金など、無料!

 

スポーツに限らず、一芸に秀でることは良いことがありますね。

 

ほんとうにおめでとう!

 

あと二か月通ってくれるので、

 

十分学習してから高校進学するので、

 

それまで一緒に頑張りましょう。

 

それにしても、有名県立でなく私立高校!

 

この流れは都心だけでなく栃木県にも来ましたね!