県立高校進学は激戦?!

こんにちは。塾長 中谷です。

 

今回は宇都宮市内の県立高校入学は厳しい!というお話です。

 

何が厳しいかと申しますと、

 

学校が少なすぎます。

 

他県の状況なども把握していますが、本当に厳しいです。

 

高校が少ないことのデメリットは次の3つです。

 

①宇都宮市内には偏差値が低い(45未満)県立高校が無い。

 

②工業・商業高校が、偏差値50以上の学力が必要。

 

③トップ高と2番手校、2番手校と3番手校の間が開きすぎ。

 

です。

 

特に、①の低学力層に対する手厚さがない。

 

今、学力格差問題が取り上げられています。

 

要は、「お金持ちほど高い教育ができるため高い学力になる。」という

 

問題です。東大生60%の世帯収入は、1000万円以上だそうです。

 

宇都宮市内の県立高校は、偏差値50以上あれば、どこかに進学できますが、

 

それより低い生徒はとても厳しい受験を強いられます。

 

偏差値について、少しだけお話しすると、

 

受験者の平均点を50として、そこから高い点は数値が増えていき、

 

低い点は数値が小さくなります。

 

ですから、偏差値50を挟んで、上にも下にも同数の生徒がいるのです。

 

しかし、現実には、どこにも市内の県立に進めず、

 

市街の不便な通学をして通うのか、

 

高い月謝を支払って、私立高校に行く生徒が多数出てくるのです。

 

とても厳しい土地柄と感じます。

 

次回は、②工業・商業高校③高校間の偏差値の開きが大きい

 

についてお伝えします。