塾の下野模試通知表

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

学ぶ力を鍛え、トップ校を目指す!

 

学ぶ力とは
・勉強のやり方を覚える
・自ら考え、壁を乗り越える
・長い時間の学習に慣れる
こと。

このことを、当塾では徹底的に鍛えます。

だから、圧倒的に成績が伸びます。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


こんにちは“反復の鬼”塾長の中谷です。

本日、シーズン最後の下野模試が返却されました。

 

ということで、

当塾の状況がどうだったのか、

お知らせいたします。

 

今年の中3生は学習に対してとても素直なので、

納得のいく結果でした。

ご判断は皆様にお任せいたします。

 

毎度お伝えしていますが、下野模試を上げるのは簡単ではありません。

相対評価ですから、上がる生徒もいれば、下がる生徒もいます。

他人との比較で偏差値は決まるので、

他人よりうーんと頑張らないと上がりません。

 

ですから、

当塾にも生徒個々でもすごく上がった生徒がいますが、

それが塾の力を表しているとは限りません。

 

塾内全員の成績がどう推移したかが一番重要かと思います。

 

ということで、

下野模試は塾で受験すると、

結果返却時に塾内と全体を比較できる表が付いてきます。

それが下表です。

ちょっと複雑な表になりましたが、

少しだけ辛抱してください。

 

まず、5教科を見ていただきたいのですが、

昨年6月と今年の1月の下野模試の受験者全体の平均点が

 30.2点上昇しました。

8月に比べて、1月の試験が簡単なわけでなく、

受験者のレベルが上がったと考えた方が良いです。

問題のレベルは1月の方が上がっていますので。。

 

一方、当塾生の平均点は63.6点上昇しました。

 

要は、昨年6月と1月の比較で、

受験生全体の点数は平均30.2点上がり、

当塾生は平均63.6上がったということです。

 

また、英語の点数アップも見てほしいのですが、

受験生全体の平均点は16.4点上がり、

一方、塾内の平均点は、31.5点上がったということです。

 

当塾の英語点数アップの方針は長文読解とリスニングで点数を

取りにいくと以前ブログで言いましたが、

その通りになってます。

➡【英語はテクニック先行では危ない

みんな、長文読解に果敢に挑戦して

点数を上げています。

長文が読めるようになるには

やはり時間がかかります。

しかし、長文が攻略できるようになったおかげで、

当塾の生徒の伸び代はまだまだあります☻

 

全ての生徒が、安全圏と可能圏ですので、

残り一ヶ月このまま合格まで導きたいですね。

 

3月の入試まで休日特訓が目白押しです。

■所在地

TEL&FAX:028-612-6859

〒321-0973

宇都宮市岩曽町1354-3

サン・スマ・エステージⅠ 102

■営業時間

16:30 ~ 22:00  火/水/木/金

16:30 ~ 22:00  月(3~7月)

13:30 ~ 18:30  土(9~2月)