やり続けることの重要性

塾長 中谷です。

 

三日坊主って、誰もが経験していますよね。

 

しかし、学習において中3生の3日坊主は致命傷になりかねませんが、

 

ここで、重要なことは「再開する」ことです。

 

気持ちを切り替えて再度やり始めること、

 

これができれば、十分志望校に向けてチャンスが出てきます。

 

一方、あきらめて投げやりになる。

 

こんなことって、いくらでもあります。

 

そんな時に聞いてほしいお話があります。

 

下記のデータをご覧ください。

 

昨年実際にいた雀の宮にある本校の生徒さんの下野模試のデータです。

 

すごくないですか?

 

この生徒さんですが、10月以前も偏差値40代半ばで推移していたそうです。

 

それが、1月の模試で5科目偏差値67で、栃木女子高校に受かったそうです。

 

12月の時点で偏差値50だったのに、栃木女子高校に合格です。

 

ミラクルです。

 

どうして?って思いますよね。

 

 

ここで一番重要なことは、やり続けたことです。

 

この生徒さんは、下野模試で成績が伸びていなかった時も、

 

しっかりと やり続けていたそうです。

 

勉強をしてもしても、伸びないことって、あるんです。

 

そんなときもあきらめずやり続けられるか?

 

これって、大人になっても同じだと思います。

 

 

昨年の当校舎の生徒でも同じようなことがありました。

 

以前「Kくんの逆襲」という題名で、数回に分けて書いた生徒です。

 

8月の下野模試で偏差値29でした。

 

高校進学さえも危ない状況。

 

この状況から、最終的には県立入試で264点を取ったのです。

 

惜しくも、県立高校には合格できなかったのですが、

 

今高校で部活と勉学を頑張っています。

 

やはりここでも重要なことは「あきらめずにやり続けた」ことでしょう。

 

どの段階で偏差値が伸び出すか、全く分かりません。

 

Kくんについては、2月にものすごく伸び始めました。

 

直ぐに結果が出る生徒がいれば、遅咲きな生徒もいる。

 

しかし、遅咲きの生徒さんの伸び率はすんごいのです。

 

 

もし、学習をやり続けているのに、

 

停滞期に入っていると感じていても、

 

あきらめずやり続けてください。

 

 

きっと、伸びてきます。

 

逆に、やり続けられない人に、朗報は来ません。

 

今すぐ行動を起こすことをおすすめいたします。