最近保護者様と交わした話

こんにちは。 塾長 中谷です。

 

最近、入塾面談や塾生の保護者様との面談が続いております。

 

その中で、新規入塾の面談中に出てきた言葉です。

 

 

今通っている個別指導塾には

 

「成績を上げるためのプロセスがない」

 

「確かに教えてくれているようだけど・・

 

教えてくれたとしても成績は上がらない」

 

と仰ってました。

 

手厳しくも鋭く観察していることに関心したのです。

 

速読のみ受講いただいている生徒さんでしたので

 

お母さまも当塾の様子は良くご覧いただいておりました。

 

昨年度に入塾を検討いただいたのですが、

 

定員いっぱいでお断りし、

 

速読だけ続けていただいたのです。

 

それで、個別指導塾に通われていたのですが、

 

当塾でお願いしたいとのことでした。

 

そう言っていただけるのは有難いのですが・・

 

お子さまに頑張ってもらわなければ、です。

 

ただ、とても共感できるお言葉でした。

 

 

単に教えてもらっても成績は上がらない生徒が多いのも事実です。

 

これが個別指導塾の弱点です。

 

 

過去のブログでも書いておりますが、

 

一番重要なことは、理解させて「定着」させることです。

 

それには、

 

長い時間学習すること、出来なければ何度も繰り返す気持ちが重要です。

 

このようなことが自らできるようになることを指導しています。

 

そして、そうなるように仕組み作りをしています。

 

 

本日も、学年末テストの対策で

 

9:00~18:00まで、

 

25名の生徒が頑張っております。

 

これも「しくみ」の一つです。

 

これを続けることで、

 

何時間でも「集中」して学習できるようになるのです。

 

 

昨日、中3生が8時間の学習を終えて

 

「もう何時間でも学習できます!」だそうです。

 

この気持ちを育むことが圧倒的な学力アップを生みます。

 

これが私のやりたいことなのです。