中学卒業のその先。。

こんにちは。塾長 中谷です。

 

中3生の方は今週まで通っている方がおります。

 

高校生活のスタートダッシュのため、

 

高校課題を2回転させて最初のテストでの好成績を狙う者、

 

また、高校数Ⅰをどんどん進めている者など、

野心を抱いてくれているのはとてもうれしいです。

 

来ていない生徒たち待ってるよ。

 

 

先週で受験が終わり、合格したもの、不合格になったもの、

 

様々なドラマがありました。

 

今年は、県立入試まで残った生徒は本当に少数でした。

 

過去問や下野模試の過去問など、毎回印刷し、

 

テストを繰り返し、データを取って、弱点を強化を試みました。

 

しかし、それでも、今年は下野模試の志望校判定を覆すことができま

 

せんでした。やはり悔しいです。。

 

特に、宇都宮北高校は、たいへん厳しかった。

 

今年は、偏差値が2~3程度上がっているのではないかと

 

思うくらいです。

 

これに関しては、下野新聞社からいただく、

 

「高校合否分布表」を待ちたいと思います。

 

 

合格するとうれしい、不合格だと悔しい、でしょうが、

 

私はどちらにも価値があり、

 

どちらにも無価値でもあると思っています。

それは、高校は通過点でしかなく、

 

その先重要だからです。

 

どのようなルートを辿ったとしても、

 

最終的に、どのような社会人生活を送るのかに

 

かかっています。

 

充実した生活を送り、志望する進学先や就職先に行くための

 

単なる通過点です。。

 

極端な話、高校ではなく、

 

自分自身がどう過ごすのかが一番重要なことなのです。

 

このことは、

 

塾生には、「やる気アップガイダンス」でお伝えしております。

 

今年度は、春期講習中に新中2・新中3生に対し、

 

開催いたします。

 

塾生の皆さん、お楽しみに。