下野模試10月号10アップ⤴

こんにちは。塾長の中谷です。

 

昨日、下野模試の返却されました。

 

中学3年生の皆さん、いかがでしたか?

 

 

本校では、春と秋の「やる気アップガイダンス」を通じて、

 

一貫して言い続けていることがあります。

 

それは「やり続けることの重要性」です。

 

小さいお子様であれば、お手伝いでも、漢字練習でも、英語でも良いです。

 

そして、中学生なら、勉強でも、スポーツでも

 

何かひとつのことでいいから、やり続けてほしいのです。

 

ゲームやユーチューブは止めましょう(笑)

 

何でもいいのでやり続けていれば、必ず開眼するタイミングがやってきます。

 

そのことを経験できずに、途中で辞めることはとてももったいないことだと思います。

 

人生における損の一つです。

 

開眼タイミングは、急に来る人もいれば、後から来る人もいます。

 

 

「やる気アップガイダンス」では、勉強における偏差値のお話として、

 

なかなか上がらない偏差値も、やり続けていると急にものすごい勢いで上がり出すことを

 

お伝えしています。

 

しかし、それがいつ来るかは誰もわかりません。

 

やり続けた人だけに来るものなのです。

 

だから、伸びるまで勉強を「やり続けてほしい」のです。

 

ただし、勉強をやってない人にはそういったことは絶対におとずれませんよ。

 

 

本題ですが、

 

今回の下野模試で5科目偏差値が10上がった生徒ですが、

 

この数か月すごく頑張っていたのです。

 

夏期講習は、部活引退の空虚感なのか、

 

今一スピードが上がらない感じに見えたのですが。。。

 

最近では塾から与えられた宿題もいち早く提出しており、どんどん前に進み始めていたその矢先でした。

 

これが、その生徒の下野模試の結果です。

5科目偏差値

単科偏差値

ですが、この生徒は伸びが明らかに急激なので、開眼時期が早すぎる気がしています。

 

次回の下野模試で真の力か判明します。

 

このことをこの生徒に伝えたら、さらに頑張って維持させようとしています。。

 

いいですね~~

 

 

他にも英語の偏差値を激アップさせて宇高安全圏を不動にした生徒も出ました。

塾内の生徒を見渡すと、上がっていない生徒たちもおりますが、

 

「やり続ければ」必ず上がります。やり続けることが重要です。

 

いつでも来て良い塾ですので、家で学習ができない生徒は塾に来なさい。

 

合格するためにあらゆる手段を利用して頑張ることをお勧めします。