下野模試の役割

こんにちは。塾長の中谷です。

 

日曜日に、11月の下野模試が塾でありました。

 

受験生の皆さん、解き直しましたか?

 

下野模試受けると、つい点数や偏差値ばかり気になりますよね。

 

しかし、それよりも大きな役割があることをご存知ですか?

 

当塾では、試験直後に塾内で「解き直し会」をやっております。

 

決して、〇付けを目的としたものではないです。

 

2~3週間後には、下野新聞社から結果が

 

返却されてくるのですから正確な点数は必要ありません。

 

できたかできなかったを大まかに掴めればいいのです。

 

それよりも重要なことは、今回できなかった問題や範囲を

 

しっかりと把握して、「解ける」ようにすることです。

 

模試には栃木県入試に沿った良問がふんだんに入っていますので、

 

解き直して出来るようにすることが重要です。

 

数年前までは、模試終了後、すぐに解き直すように伝え、

 

帰宅させていました。

 

しかしながら、生徒たちは重要とわかっていても、

 

自宅に戻ってからしっかりとやり直す生徒は

 

ほんの一握りだったのです。

 

後日もう一度解かせても解けないのです。

 

そんな状態が続いたこともあり、

 

模試の直後に塾内で解き直すことを始めました。

 

今では、模試後の解き直し会は、

 

恒例ですので、最後まで集中して頑張っています。

 

下野模試は、栃木の入試に沿った問題ですし、

 

合格可能性もかなり正確なデータを出してくれるので、

 

一回目からしっかりと受けさせてください。

 

しっかりと解き直している生徒は、

 

合格可能性も上がるはずですよ。