改革②-通塾編ー

こんにちは。塾長 中谷です。

 

私自身が部活と塾の両立に悩んでいたこともあり、

 

部活生を応援したい気持ちは強いのです。

 

そんなことで「部活生が90点以上に挑む塾」と

 

キャッチフレーズをつけました。

 

これだけやれば、90点以上が取れるという虎の巻もあります。

 

たしかに、勉強時間は長いし、特訓も多く、

 

たいへんかもしれませんが、

 

それ相当の成果を得られる仕組みです。

 

一方、部活生を通いやすさの面から支えるという点も、

 

曜日は自由に決めらるし、

 

振替も自由にできるので、

 

その点では優位だったと思います。

 

ただ、問題点としては、授業の開始時間が、

 

19:00~と19:30~という遅めの時間設定しか

 

なかったことかと思います。

 

折角、部活が無くて早く帰れたとしても

 

その時間まで待って通塾しなければならなかったのです。

 

 

そこで、もっと便利に負担なく、部活生が精一杯学習でき、

 

また、希望すれば女子が夜遅くに帰ることもないように、

 

大幅に時間設定を見直しました。

 

 

45分単位で学習時間が設定されていて、

 

来塾したコマから一日の授業数である3コマ学習することにしました。

 

例えば、月・火・木・金曜日(水・土は別の時間割)は、

 

①17:00~

 

②17:50~

 

③18:40~

 

④19:30~

 

の4回の来塾する機会があります。

 

どの時間から始めるのかは、本人が決めればいいのです。

 

こんな便利なら、もっと早くからやればよかったのではないかとお思いでしょうが、

 

実はこのシステムは相当に難しいのです。

 

例えば、

 

生徒の進捗面の管理が難しかったり、

 

席数が足りなかったり、

 

伝達事項の共有、など

 

いろいろ弊害があります。

 

今回、これらの問題点をすべて解決してこのシステムが可能となりました。

 

 

生徒たちの反応ですが、

 

基本早く帰りたいので、早い時間から塾に来るようになり、とても能動的です。

 

また、早い時間に来ると、夜遅い時間よりも集中力が高まっているように感じます。

 

今のところ、良いことばかりです。

 

部活生を学習面で支えるだけでなく、

 

通塾面でも支えるシステムに変更になったことは

 

多忙な部活生を支えるプラスの面になっています。