わかった!できた!のその先

こんにちは。塾長 中谷です。

 

新学期が始まりました。

 

塾をお探しの方も多くいると思います。

 

2-3月は当校にお多くの方から問い合わせをいただき、

 

入塾していただきました。

 

誠にありがとうございました。

 

皆さんの期待に答えられるように生徒には勉強をしていただきます!

 

 

某大手塾さんのコマーシャルでもおなじみの「わかった!できた!」ですが、

 

勉強で一番重要なことはその先であることを塾生・保護者様にお伝えしております。

 

「できた」からといって、良い点数が取れるとは限らないということです。

 

 

ではその先とは何か?

 

それは、「覚えた」「何回やってもできた」(頭に定着した)ということです。

 

 

これには、何度も繰り返す必要があります。

 

ですから、同じ内容を反復することを弊塾では重要視しています。

 

 

点数が上がらない生徒の大半が反復不足です。

 

 

一斉指導スタイルの塾では、この繰り返しを授業内ではできませんので、

 

大量な宿題として繰り返させます。

 

また、個別指導塾も授業時間が短いですから宿題で反復です。

 

 

一方、弊塾の学習スタイルは、基本は演習の繰り返しですので、

 

最初から問題を解き続けます。

 

 

繰り返せば、良いなら、塾はいらないように感じますね。

 

全く、その通りです。家で繰り返せばいいのです。

 

それができる生徒は塾いらずで、親孝行です。

 

 

しかし、同じことを繰り返すことは大半の生徒は嫌うので、自らやりません。

 

そこが成績の分かれ目なのです。

 

 

もし、繰り返しができていない生徒もお持ちで、

 

当塾に興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。