やはり高校受験のカギは1・2年生!

こんにちは。塾長 中谷です。

 

下野模試、中間テストの両方の返却が始まり、

 

また、全く新たな学習システムでの授業が始まったりなど、

 

ばたばたとした生活を送っております。

 

 

下野模試11月号では、前回と異なる生徒が、

 

「5科目偏差値6アップ」しました。

 

多くの生徒が着実に偏差値を上げており、

 

ここにきて1学期・夏休みの学習が効いてきています。

 

また、定期試験は、

 

◇衝撃の順位アップをした生徒

 

◇入塾間もない生徒がかなり点数を上げたり、

 

◇中3生で入塾時369点から自身初の450点に載せた生徒も出てきて、

 

絶好調!と思いきや、残念ながら1年生が失速しました。

 

前回、絶好調だった故に、今回は油断ですね。

 

彼らの成績を、キープできなかったことに悔しさしかありません。

 

けど要因はわかっていて、極めてシンプルです。

 

勉強時間が足りない。

 

やりきっていない。

 

塾での学習時間には限りがあります。

 

自宅での学習や自習通塾を充実させないといけませんね。

 

当塾は、自習毎日OKなのですから。

 

 

声をかけても、来ない生徒が多い学年は成績は上がりません。

 

対策を取らないけませんね。

 

 

そもそも、成績は上がったり下がったりが普通ですので、

 

次回は、この悔しさをばねに、頑張ってくれるはずです。

 

そのための新学習システムですので。

 

 

そんなこんなで、本題です。

 

毎年、受験期の3年生を見ていて思うのですが、

 

受験に対して厳しい生徒が多いと感じます。

 

学力の手遅れはもちろんですが、

 

成績を上げるための学習のやり方や気持ち面の方が

 

もっと問題が大きいです。

 

やり方は入塾後何とか教えればできるようになるのですが

 

気持ち面はお伝えしても、伝わらないことが多いですね。

 

 

例えば、しっかりとできるようにしなければ点数は上がらないこと、

 

前向きに取り組まなければ点数は上がらないこと、などです。

 

この二つは、勉強の本質なのですが、

 

わからない生徒は本当に多いです。

 

ただやっているだけの生徒は、上がらないのです。

 

 

やはり自分自身が実際に体験し、考えて初めて、

 

腑に落ちるのでしょう。

 

 

成績をガンガン上げて成績の上げ方を知った、

 

逆に身をもって厳しい成績の現実を知った、

 

などなどたくさんの体験が成長させるんだろうと思います。

 

 

そういう体験のために、塾という環境があるように最近思うのです。

 

塾に行っていないと反省しないし、

 

いろいろ言ってくれる人がいませんから。

 

 

親もいろいろ言ってくるかもしれませんが、

 

うるさい存在でしかないですよね(笑)

 

我が家もそうです。

 

 

気持ち面の開眼はその後の人生も変わってきます。

 

 

中学1・2年生の方は早めに気ずいてほしい。

 

3年生になってから考え始めても、

 

気ずいたころには受験日ってこともありますよ。

 

 

宇都宮の高校受験は、思っている以上に厳しいですよ。

 

 

次回は、中間テスト結果について自慢したいです。